2008年09月07日

母への手紙

入院して、一週間が過ぎ、日に日に気力がなえていく母もうやだ〜(悲しい顔)

私はそんな母を見ていると、急激な変化に、自分が戸惑い、

なぜか、とっても腹立たしくなって、母に対してつらく当

たっていましたちっ(怒った顔)

そんな毎日が続いていて、私も精神的に追い詰められてバッド(下向き矢印)

苦しい毎日でした。

しかし、病院から家に戻って、一人でいると、なぜか涙があふれ、

「あんなこと言わなければ良かったもうやだ〜(悲しい顔)」と思うことばかり。

思いついて、母に手紙を書きましたペン

直接、口では伝えられないことを手紙にしました。

「お母さん、いつもつらく当たってごめんね!でも、家に帰っ

ても自分でトイレくらいは行けるようにと思って、厳しく言って

ます。また二人と犬(笑)犬(笑)犬(笑)で、一緒に暮らそう

exclamation×2」という感じでかわいい

なんか、手紙書いてすっきりしましたひらめき

今まで、胸につかえていたものが、すっととれたような・・・

なかなか優しい言葉の一つもかけてあげられないけど、心の中

で思ってることを母に伝えられて、良かったかな顔(笑)

 

母が認知症という病にかかっているということを、受け止める

一歩を踏み出せた気がしますぴかぴか(新しい)

ななたちも、ばあちゃん、待っていようねexclamation×2

 2005_071709070001.JPG
ニックネーム まっちゃん at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

母の入院

 このあいだ書いた母の39度の熱は、その後も続き、大きな

病院を受診するまでのあいだ、かかりつけの病院で金・土・日

と点滴をすることになりました。で、金曜は勤務が終わってから

点滴に連れて行き、土曜は仕事を早退させてもらって、連れて行

こうとしていたら、私が家に帰ると、茶の間で起き上がれなく

なっていましたもうやだ〜(悲しい顔)

 とにかく、抱き起こし、何とか病院へ病院

 病院では39度6分の熱があり、月曜まで入院となりました顔(え〜ん)

 点滴で、解熱剤を入れるとその時だけ、熱がさがるものの、

ずっと39度に近い熱が・・・

 月曜に大きな病院で受診し、そのまままた入院となりました。

 入院しているあいだは、安心な反面、精神的・肉体的に

一気に弱ってきて、その弱り方に驚いていますがく〜(落胆した顔)

 ベッドサイドにポータブルトイレを置いてもらっていま

すが、日中はなるべく、トイレまで歩いていくように、母に

は言いますが、そんな様子は見られません。肉体的に弱った

こともあると思いますが、気力が完全に萎えてしまっています。

「そんなことじゃ、家に戻っても生活できんよ!」ときつく

言ってしまう私顔(泣)本当に、この先のことを考えるとすご

く不安だらけです顔(なに〜)

 犬(笑)たちも、異変を感じて・・・というか、私の苛立ちを

肌で感じて、何となく元気がない様子犬(泣)母の病院から戻っ

てきた時に、「エサエサ」って催促されて、思わず

「私も疲れてるんやちっ(怒った顔)いい加減にしてちっ(怒った顔)」と爆発

してしまいました。ただ、おなかがすいてただけなのにもうやだ〜(悲しい顔)

 あとから「ごめんねexclamation×2」ってぎゅっと抱きしめました。

 これからのことを考えると、先の見えない暗いトンネルの中

にいるようで、本当につらくなりますふらふら

 でも、犬(笑)犬(笑)犬(笑)たち、そして、いろんな人たち

に励まされ、がんばっていこうともがいていますexclamation

 そんなお友達のお一人からいただいた歌です。

 

 2005_071409030003.JPG

 この子達がいるから、がんばれるexclamation×2

 S先生、元気いただきましたexclamationありがとうございましたexclamation
ニックネーム まっちゃん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする